自分の身の上に何か困ったことが起こった時、
もしかしたら探偵の存在が役に立つかもしれません。
探偵に依頼出来る困りごと、悩み事を知っておくことで
いつかそれが役に立つかもしれません。

保証人と信用調査


もし、借金の保証人になって欲しいと、昔からの友人から言われたらどうしますか。

ほとんどの場合、断るだろうと思います。けれど、職場であっても、日常の生活の中であってもお世話になっていたりすれば、最大限役に立ちたいと考えることでしょう。しかし、自分の生活を考えると、危うさは最大限避けなくてはいけません。もし、保証人にならざるおえなくなったとしたら、自分の責任の持てる範囲なのかどうか、探偵に頼んでちょと調べてもらってから決断した方が良いのかも知れません。


「ほんのちょとの間だけだから。」「着実に返すから保証人になって欲しい。」といわれた時、本当に相手を信じて痛い目にあった経営者を知っています。とても親切な人でしたが今はもういません。
いくらお世話になった人でも、相手の状況や会社の財務状況を知らない限り、保証人になることは相手と泥舟に乗ってしまうのと一緒です。たとえお世話になった人やであっても、自分の家族を守るためには、信用調査などするか、周りの評判をよく確かめ、相手の置かれている状況を探偵などに調べてもらって把握した上で、決断することが必須条件だと思われます。


大手企業の財務状況などを知るには、データ会社が手っ取り早いでしょう。
しかし、小さな会社や個人のデータとなると、話は違います。小さな会社のデータは、大手のようにそうそう更新されることはありません。その場合、探偵や興信所に信用調査を頼むという選択が詳細を知る上で望ましく、頼む上で、依頼先選びも重要になってきます。所在地が確認できる、公安の届け出が明示されている探偵や興信所を選びましょう。


昔とてもお世話になった人や今まで取引をする上でお世話になった仕事など、今までの状況だけ見ればとてもいい関係を築いてきた間柄であっても、金銭問題になると、話しは別です。相手が、自分を信頼しているからこそ、そんな窮状に助けを求める場合もありますが、金銭が絡み、追い詰められた状況になると、人は変わるものです。
自分を投げ出し、家族を犠牲にする心構えがある場合や、確固とした信頼関係はあると言い切れる場合を除いて、探偵の信用調査などを使い精査し判断することが望ましいと思います。